登録販売者.com

ログイン 無料登録

登録販売者になりたい人へ

転職してから勉強をし試験を受けるか、 登録販売者資格を取ってからドラッグストアに転職するか

これから登録販売者として働いていきたいと考えている方にとって、悩みどころでもある資格取得のタイミング。現職を続行している場合、なかなか良いタイミングを見つけるのは難しいかもしれません。転職前、もしくは転職後どちらに取得するのがベターなんでしょうか?

現職と平行しての試験勉強は可能な状況ですか?

まず考えるべきポイントとしては、現在のお勤め先と平行して、登録販売者試験に向けた試験勉強が可能な状況かどうか。職種にもよりますが仕事が終わって帰宅した後、毎日1~2時間の勉強時間を確保するのは簡単なことではありません。しかし現に資格を取得された方の多くが、お仕事と平行して勉強されていたのも事実。

仮に“時間がある時だけ“というスタイルでの勉強方法では知識も定着しづらいので、毎日の積み重ねが重要といえるでしょう。最低でも週4日ほど決まった時間で試験勉強に取り組める状況であれば、転職前からの試験勉強もオススメできます。

受験日までの期間と相談しよう

登録販売者の試験は都道府県により異なりますが、夏頃から秋の終わり頃までにかけて実施されることが多くなっています。「資格を取りたい!」そう決心された時に、もう勉強できる時間がほとんどないような状況であれば、今年の試験を目指すよりも来年にかけて長期的に計画するのがオススメ。

長期的な計画が立てられる場合、転職前の仕事と平行しながらの勉強期間、転職後での勉強期間という形も可能となります。時間に追われてしまうような状況では、勉強はもちろん精神的にもつらい状況になってしまうので、まずはしっかりとした計画作りから始めてみましょう。

転職したいと考えている会社に意見を聞くのもオススメ!

また実際登録販売者になった後に転職したいと考えている会社があるのであれば、直接話を聞いてみるのも一つの方法です。会社によっては、登録販売者受験を全面的にバックアップしていることもあり、資格受験に向けた対策セミナーなどに参加できることもあります。転職前に独学で勉強を頑張るのも大切ですが、転職後に効率良く勉強できる環境が得られるのであれば、それを利用しない手はありませんよね。意見を聞くことは転職したいと考えている会社から、登録販売者の就業状況などを聞けるチャンスにもなるので積極的にお伺いしてみましょう。

企業(人事担当の声)はコチラ>>

何事も両立するのは難しいことですよね。しかしハッキリとした目標があるならば、あとはタイミングよりもヤル気が大切。自分のペースを考えた上で、無理なくこなせる計画を立てたら、あとは実行あるのみです。日々の積み重ねで必ず力はついてくるので、挫けず試験勉強に励みましょう。

arrow_drop_up