登録販売者.com

ログイン 無料登録

登録販売者とは?

登録販売者とは

登録販売者とは2009年の薬事法(現・薬機法)改正により誕生した医薬品販売の専門家のことです。
それまで薬剤師・薬種商にしか認めてられていなかった一般用医薬品の販売でしたが、 新しく第二類および第三類医薬品を販売できる資格者として登録販売者が認められたのです。

登録販売者とは

登録販売者が販売できる一般薬の種類

登録販売者が販売できる一般用医薬品は、第二類および第三類医薬品に限定されています。
副作用のリスクの大きい第一類医薬品は、薬剤師のみが販売可能です。

  薬剤師のみ販売可能 薬剤師・登録販売者
一般用医薬品の種類 第一類 第二類 第三類
一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの まれに入院相当以上の健康被害を生じる可能性がある成分を含むもの 日常生活に支障を来す程度ではないが、全身の変調・不調が起こる恐れがある成分を含むもの
H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬など 主なかぜ薬。解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛鎮けい薬など ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸薬、消化薬など
情報提供をする必要性 相談があった場合...義務 相談があった場合...義務 相談があった場合...義務
相談がなかった場合...義務 相談がなかった場合...努力義務 相談がなかった場合...不要

登録販売者が販売できる一般用医薬品は、第二類および第三類医薬品ですが、それだけで全一般用医薬品の90%以上を占めています。
登録販売者として働くには、お客様からの相談があった場合には応じなければならない義務や、相談がない場合でも情報を提供していく努力をしていかなければならない努力義務も生じるなど、幅広い知識を持つ必要があります。

登録販売者は、セルフメディケーション推進のための要ともなる資格です。医薬品を取り扱うあらゆる場所で、幅広く活躍の場を求めることができます。

arrow_drop_up