登録販売者.com

ログイン 無料登録

現場で役立つ季節の健康ネタ

花粉症なども大変ですが、食物アレルギーも大変です~代替品いろいろ~

アレルギーというものはやっかいです。個人個人で反応が違う、今日大丈夫でも明日はダメかもしれない。次から次へいろいろなアレルギー反応を引き起こしてしまう、アレルギー・マーチなどという困った状態になることもあります。

異なる症状、食物アレルギー

アレルギー反応は、なにに反応しているのかわかりにくい場合もあり、出てくるありがたくない症状もさまざま。例えば克服できたとしてもAさんに効果があった対応法がBさんにも効果があるとは限りません。ひどくなると日常生活にも影響し、本当にひどくなるとアナフィラキシーショックを起こして命に係わることさえあります。

近年、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などに代表される、さまざまなアレルギーを持つ人の数が非常に増えています。中でも食物に対するアレルギーは深刻です。ナッツやそばなどのアレルギーは激烈で、ケーキに振りかけられたアーモンドパウダー、そばぼうろ一粒など、本当にわずかな量でアナフィラキシーショックを起こしてしまう方もいます。

除去できる!?アレルギーを起こしやすい食物とは

そこまで深刻でなくとも、アレルギーを起こしやすいと言われる食物を見ていると、小麦粉、卵、牛乳(乳製品)、そば、フルーツなどなど。とても一般的な食物も多く、それらを除去しようと思うと非常に神経を使わなければなりません。特に最近問題になっているのが小麦粉です。セリアック病やリーキーガット症候群にも小麦が関係していると言われています。

両方とも腸に関係する症状ですが、多くのアレルギーに腸内環境が関わっていることがさまざまに指摘されています。しかし小麦粉は、パンにうどん、お菓子に揚げ物、意外なところでは醤油にまで使われていますので、除去しようと思っても、生半可な決意では不可能に思われるほどです。外食だと特に難しいですので、せめて手作りのものは…と思われる方も多く、そんな時に代替品として使われるのは、大豆粉・米粉などでしょうか。最近は米粉でパンを作ってくれるパン屋さんも増えましたね(グルテンを加えている米粉パンも多いので注意が必要です)。

また、同じ小麦でも「スペルト小麦(ディンケル小麦)」だとアレルギーを起こさないという方も少なからずいるそうです。ただし、スペルト小麦といえどもグルテンフリーではありませんし、全員の方にアレルギーが起こらないわけではありません。小麦アレルギーの方は食べる前にお医者様のアドバイスを必ず受けてください。

小麦粉の代替え品、スペルト小麦ってなに?

現在のさまざまに交配された小麦とは違う、古代種の小麦です。遺伝子がすでに通常の小麦とは違うので、アレルギーが起きにくいというだけでなく、普通の小麦よりも血糖値の上がり方もゆるやかなんだそうですが、やはり結構お高いことと手に入りにくいこと、食感がもそもそするあたりが難点でしょうか。

インターネットで探してみると、100%スペルト小麦で作ったパンを通販をしてくれるところもいくつか見つかるようです。ドイツパンを焼いているようなお店だと「ディンケル・ブロート」という名前で取り扱っているお店もあります。

★スペルト小麦って?
http://www.spelt-recipe.jp/recipe/what-is-it.html

牛乳の代替え品は味も様々で楽しめる!?

また、こちらも飲めない方が結構多い牛乳の代替品としては、有名な豆乳を筆頭に、最近はアーモンドミルクやライスミルク、オーツミルクなどがあります。アーモンドミルクは、最近コンビニやスーパーマーケットなどでも見かけるようになりました。

★アーモンドブリーズ(ブルーダイヤモンドジャパン)
http://almondbreeze.jp/
★アーモンド効果(グリコ)
https://www.glico.com/jp/product/drink/almondkoka/

ライスミルクも、ちょっとオシャレなスーパーなどでは店頭に並んでいます。古代種穀物も、アーモンドミルクも、ライスミルクも、美容や健康のためにと取り上げられ始めたのは欧米から。健康やダイエットに気を使うアメリカのセレブの間で流行る⇒日本上陸というものが最近多いですね(笑)。いずれにせよ、アレルギーの方にとっては代替品が増え、食べられるものの種類が広がることは喜ばしいことです。

代替品の需要が増えたということはそれだけアレルギーを持つ方が増えたということですし、本当に重度の方になると、食べられるはずのその食品が、アレルゲンとなる食品と触れる可能性がないか、調理する場所、調理方法、食器などにまで気を使わないといけないのです。やはりアレルギーというものは相当やっかいなのです……。

arrow_drop_up