登録販売者の採用から求人、日常までを登録販売者.com編集部よりお届け!

資格は取りたいけど、お金が…実際に資格取得にかかる費用とは?

資格は取りたいけど、お金が…実際に資格取得にかかる費用とは?
登録販売者の資格だけではなく、各資格取得には最初の初期投資が少なからず必要になってきます。出来ることなら、なるべくお金をかけずに資格を取りたいところですが、登録販売者資格取得にかかる費用はどのくらいなのでしょうか?
Social FB Social TW Social Social

登録販売者受験にかかる費用とは?

まず気になるのが登録販売者の受験費用。この受験費用が安ければ、仮に不合格だった場合もそこまで痛手にならないかもしれませんが、正直そんなに安いものではありません。実際、登録販売者試験は都道府県各地で、例年夏頃から冬にかけて行われており、受験費用もさまざま。

安いところで13,000円程度、高いところで18,000円もかかります。念の為、他都道府県を掛け持ちで受験される方などでは、受験費用だけで4~5万円になる場合もあり、一発合格を勝ち取るつもりで受験することが肝心となってきます。

独学派はテキスト代だけで大丈夫?

なるべく費用をかけずに受験したい方には、やはり独学がオススメ。受験費用を除いて、かかる費用はテキスト代のみとなります。テキスト代金は試験対策用の参考書と過去問題集などを買ったとしても、だいたい5,000円未満。しっかり目標を立ててコツコツと勉強できる方であれば、それだけでも十分合格することが可能です。

しかしながら出題される範囲には限りがあるものの、けして狭いとは言いにくい範囲。ギリギリで勉強を始めるのではなく、ある程度の期間で計画的に勉強を進めるのが、独学で受験をする場合には大切です。

登録販売者の無料”オリジナル解答・解説付き問題”はコチラ>>

通信教育・スクールに通う場合の費用は?

「ひとりで勉強するのは自信がない」「効率よく勉強したい」、そう思う方には通信教育や通学スクールも選択肢になります。例えば通信教育であれば、おおよその費用として4~5万円が相場となっており、受験勉強に必要なテキストや試験対策が全て含まれています。さらになるべく短期で効率よく勉強したい方にオススメなスクールは、だいたいの費用として6万円前後。

講師を交えた授業形式で受けられるため、分からないところはすぐに質問できたりというメリットもあります。また事前試験対策なども徹底してサポートしてくれる点では、大変心強いといえるでしょう。

受験の概要や試験内容については「登録販売者になるには?」のページがおすすめです。費用を抑えるためにも調べられることは自分で調べ、使える無料の試験対策ツールはフルに活用していきましょう。

author
最低限かかる費用としては受験料+テキスト代。それだけでも合格への可能性は十分にあります。しかし人それぞれ勉強しやすい環境には違いがあるので、仮に通信教育やスクールにかかる費用も上手な初期投資といえるでしょう。まずは独学から始めてみて、ようすを見るのも方法の一つですよ!
Social FB Social TW Social Social