登録販売者.com

ログイン 無料登録

現場で役立つ季節の健康ネタ

睡眠、適度な運動…以外で免疫アップに貢献する意外な食べ物~ゼラチン~

お菓子作りなどをされる方にはお馴染みのゼラチン。ゼリーなどを固める、あのゼラチンの健康効果をご存知ですか?

ゼラチンとは?

ゼラチンは、コラーゲンを分解して分子量の小さくなったものと言えば、美肌やアンチエイジングに興味のある方にはわかりやすいでしょうか?
この場合のコラーゲンは、動物や魚の骨や皮から取り出されるコラーゲンで、一般に「コラーゲン」として健康食品などとして販売されている商品は、実際にはゼラチンをさらに分解して分子量を小さくした「コラーゲンペプチド」のこと。ここからさらに分子量が小さくなるとアミノ酸になります。

コラーゲンで美肌になる、関節に良いなどという効果は、よく聞かれます。でも実はそれだけではなく、皮膚、爪、骨、血管など、人体にはありとあらゆるところにコラーゲンが使われています。身体の材料というだけでなく、免疫をつかさどるマクロファージリンパ球にも影響し、免疫機能を賦活するという実験結果が出ています。

●「食べるコラーゲン」の効果を検証する(株式会社ニッピ)http://www.nippi-inc.co.jp/biomatrix/tabid/172/Default.aspx?itemid=306

ゼラチン効果はこんなところにも!?

大阪医科大学のマウス実験による免疫機能賦活作用の研究では、さまざまな原材料のコラーゲンが使われたのですが、その中でも豚由来のものが一番高確率(83%)にガン細胞の発生を抑制したという結果が出ています(あくまで動物実験ですが)。

ゼラチンを食べたら即抗がん効果!というわけにはいかないでしょうが、免疫力を高めるのはある程度確かなようです。
美容用のコラーゲンでなくゼラチンでも良いのなら、摂取のコストパフォーマンスは良くなりますね!また、例えば鳥の手羽元や手羽先、骨付きの魚などを煮込んだ煮こごりも立派なコラーゲンです。

NYを中心に流行し、最近は日本で名前を聞くようになったボーンブロス(骨スープ)も、効果の源は骨からスープをじっくり煮出すことにより摂取できるゼラチンやアミノ酸などの豊富な栄養素によります。

免疫を高めたい方、美肌を目指したい方、関節の痛みなどに悩まれている方は、気長にうまく食生活に取り入れてみるのもいいのではないでしょうか?

ちなみに、ゼラチンやコラーゲンはビタミンCと一緒に取ると効果がアップしますので、ぜひ一緒に取るようにしてくださいね!また、ゼラチンにはアミノ酸の一種である「グリシン」が含まれます。これは睡眠サポートサプリ「グリナ」(味の素KK)の主成分です。そのせいか、ゼラチンを食べると睡眠サポートに効果があるという意見もあるようですよ!

arrow_drop_up