登録販売者.com

ログイン 無料登録

登録販売者ドタバタ劇場

外出時や非常時にも安心!新発売の乳児用液体ミルクについて解説

日本では長らくの間、母乳の代わりとして粉ミルクが用いられてきました。しかし、2018年8月に乳等省令が改正されたことによって、液体ミルクが販売され始めました。そこで、今回の記事ではこの液体ミルクのメリットやデメリットについて解説してみたいと思います。乳児用ミルクは多くのドラッグストアで取り扱いのある商品ですので、ぜひ特徴を頭に入れておいてください。

乳児用液体ミルクとは?

乳児用液体ミルクとは、紙パックや缶などの容器に入ったミルクで、新生児にすぐ授乳できるように調乳されているタイプのものです。

アメリカなど海外では広く普及していますが、日本国内ではこれまで人工乳は粉や固形タイプしか発売されておらず、輸入品しか手に入らない状態でした。

しかし、近年は災害時などお湯が手に入らない状況でも使えるミルクの必要性が高まっており、こうした流れを受けてやっと国内メーカーも販売を開始するようになりました。

乳児用液体ミルクのメリット

乳児用液体ミルクは従来の粉ミルクと比較して以下のようなメリットがあります。

【素早く準備できる】

乳児用液体ミルクのメリットは何と言っても準備に手間がかからないことです。

粉ミルクの場合は、通常、70℃以上のお湯に溶かした後、人肌程度まで冷ましてから飲ませるため非常に手間がかかります。

また、ミルクの濃度を正確に保つためにも正確に水を測り取らなくてはなりません。

この点、液体ミルクであれば紙パックや缶から哺乳瓶に移すだけですぐに授乳することが可能なのでとても便利です。

 

【外出時や災害時にも使える】

外出時や災害時にはお湯が手に入らないことが多く、粉ミルクを調乳するには大変苦労します。

一方、液体ミルクはお湯が不要のため、場所を選ばず授乳させることができます。

特に地震などの大規模災害時には長期に渡って電気やガスが使用不可能になる可能性もあるため、こうした事態に備えて液体ミルクを備蓄しておくと安心です。

乳児用液体ミルクの注意点

メリットの多い乳児用液体ミルクですが、以下のように注意すべき点も存在します。

【値段がやや高い】

乳児用ミルクは製造工程が複雑なため、従来の粉ミルクと比べて値段が高めに設定されています。

1mL当たりの値段は粉ミルクに比べて3~6倍程度高くなる傾向にあるので、お客様によっては大きなデメリットとなります。

【賞味期限が短い】

液体の特性上、賞味期限も粉ミルクに比べて短めに設定されています。

半年~1年程度のものが多く、長期に渡って保存しておくことができません。

非常時の備蓄などを検討されているお客様にはうっかり買い過ぎてしまわないよう、期限についてもきちんとご案内してあげましょう。

【母乳による育児が推奨されていることにも注意】

大変使い勝手の良い乳児用液体ミルクですが、依然として、赤ちゃんには母乳を与えることが推奨されています。

母乳には栄養素だけではなく、抗体、酵素、ホルモンなど、赤ちゃんの疾患予防や発育に必要な成分が多数含まれています。

このため、乳児用液体ミルクが母乳による育児に取って代わるものではないことはきちんと頭に入れておきましょう。

乳児用液体ミルクの商品紹介

乳児用液体ミルクは発売されたばかりのため、まだまだ商品のラインナップは少ないですが、現在は以下の2種類が発売されています。

・アイクレオ 赤ちゃんミルク 125ml(常温で飲める液体ミルク)

・明治 ほほえみ らくらくミルク 240ml(常温で飲める液体ミルク)

今回ご紹介したように、乳児用液体ミルクは外出時や災害時などに活躍する大変便利な商品です。発売されて間もないものの、乳児用液体ミルクはその便利さから大反響を呼んでおり、今後も増々多くのお客様からお問い合わせやご相談が寄せられることでしょう。登録販売者の皆さんもこの機会に特徴についてきちんと学んでおき、適切な対応が取れるようにしておきましょうね。

arrow_drop_up