登録販売者.com

ログイン 無料登録

現場で役立つ季節の健康ネタ

健康や免疫にも関わる臓器って?~夏の終わりの腸内環境

夏の終わりにお腹を壊しやすい方はいらっしゃいますか?暑い夏の気温、冷たいものの取りすぎ、あまりに暑いので外を出歩かない=運動不足などが原因で、お腹の調子を悪くされる方が多いんだそうです。つまり、腸内環境のバランスが崩れてしまっているということなんですが、実はこれ、下痢や便秘のみでは済まない可能性もあります。

人間の免疫細胞の6~7割は腸内にあると言われています。

また、腸内には100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息し、腸内フローラを形成していることで、宿主である人間にエネルギー源を供給したり、感染防御の役割その他を果たし、健康維持に役立ってくれています。この腸内細菌叢のバランスが崩れた場合に、病気の原因になったりするわけです。

つまり、腸は人が健康に生きていく上で非常に重要な臓器だということ。栄養や水分を吸収しているだけじゃないんですね。

ちなみに、当然のことのように言われる、腸に関するこの2つのお話。

<1>腸のひだに宿便がたまっている
<2>日本人は草食の農耕民族なので、肉食の狩猟民族の欧米人に比べて腸が長い

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
でもこれ、2つともなんの根拠もない都市伝説のようなものだそうです。

<1>に関しては、よく美容関係やダイエットで言われる「腸のひだの間ににこびりついている宿便」という意味では、ありえないんだそうです。

腸の中は蠕動しており、ずっとひだの部分がひだなわけではなく、常に入れ替わり動いているうえに、腸粘膜は数日で新しい細胞に置き替わるので、たまりようがないのです。

例えば断食などをして、食べなくても出てくる便は「腸内細菌の死骸+剥がれ落ちた腸粘膜」であって「腸にこびりついている宿便」ではないとのこと。

普通に便秘で腸内に留まっているものを宿便と呼ぶのなら、それなら「ある」といえるんだそうですよ。

<2>に関しては、各国の解剖学の論文で、人種・食べ物によって腸の長さが変わることはないとされています。

多少の個人差は確かにあるそうですが、むしろ長さが変わる原因は男女差や体格差のせいで、同じような体格のアメリカ人と日本人の差よりも、日本人男女の差の方が大きいんだとか。

特に<2>の説には2つの大きな誤解があります。

1.欧米人は肉食なわけではない
⇒全体量は多少変わっても、肉食割合がとんでもなく日本人より多いわけではない上に、肉はやはり贅沢品で、一般市民まで十分に肉が食べられるようになったのは、ほんのここ100~200年程度。

2.基本的には人類は狩猟生活⇒農耕(牧畜)生活⇒工業生活に移りゆくのであって、日本人は農耕民族としての歴史が欧米より古くて長いわけではない
⇒日本の縄文(狩猟)時代、すでにローマにはパン屋があった。

ということで、まず言い分の元となっている「農耕民族 vs 狩猟民族」という考え方が間違っているとのこと。

今はインターネットであらゆる情報が玉石混合で発信されていますし、その中でも健康情報は膨大に流布されていますから、間違いのない情報を見極めるのは難しいですね(苦笑)。

 

よくヨーグルトや乳酸菌のCMでも「善玉菌と悪玉菌」という言葉を聞きます。善玉菌のエサとして、腸内環境を整える目的として、乳酸菌のサプリなどはドラッグストアでもたくさん販売されています。夏の終わりの体調管理には、意識して腸内環境を整えることも大事ですので、食生活や、適度な運動、上手なサプリの利用など、ご自分にあったものを探してみてくださいね!

arrow_drop_up