登録販売者.com

ログイン 無料登録

おすすめ求人ご紹介

薬日本堂株式会社「通常の接客ではもの足りない方は、ぜひ漢方相談員に!」

千葉そごう店 店長
河本 州平

第二新卒入社⇒相談員⇒店長へ

新卒で大手ドラッグストア企業に入社し、そこで短期間ですが店長まで勤めてから退社。半年ほどかけて転職活動をした結果、ご縁があってこちらに入社しました。現在入社7年目です。

店長になって1年半になりますが、まだ日々「これでいいのかな? お客様の今のお気持ちはどうだっただろう、もっとご相談にお答えすることができたのでは?」と考え、都度学びがあります。

ニホンドウ漢方ブティックとドラッグストアの違いは?

一番の違いは接客の濃密さ・手厚さです。漢方相談では初回は1時間ほどお時間をいただいてじっくりとお話を伺います。

今の症状だけではなく、生活習慣や食事内容、日々の運動はどれくらいか、ストレスはあるかないかなど、生活の深いところまでお伺いする必要があります。よってお客様の顔と名前も覚えますし、より深くお客様のライフスタイルに踏み込んでいくことにもなります。そこに通常のドラッグストアにはない魅力を感じたのです。

もちろん、お悩みの症状やお客様の生活にまで踏み込んでいくのは重みのある仕事なのですが重みがある分、大きなやりがいもある仕事です。

そのような接客サービスの中の重み・厚みが、私のドラッグストアでの経験との大きな違いかなと思います。

ひとりで漢方相談ができるまでには、どのくらいかかりますか?

入社後半年以内を目安に相談員への試験があり、これに合格すると新規のお客様の漢方相談に出られるようになります。それまでは相談以外のレジ打ちや店頭対応などをしながら接客経験を積んでいきます。

研修はOJTとOFF-JTの2種類あります。まずは入社後約1か月間(年度により異なります)、本社での集合教育にて主に漢方理論や商品知識、接遇全般を学びます。

その後店舗に配属されると、普段の業務、商品知識などを店舗の先輩からOJTとして毎日教わります。接客などのロールプレイングも実施されます。店舗でのOJTをベースに、月1回のペースでOFF-JTとして本社集合研修やZoom研修で漢方知識を学ぶことを繰り返します。

また、弊社の基礎教育期間は約3年間です。3年間で接客だけではなく、管理面を含め店の運営ができるように多くの事を覚えていくという、大変手厚い教育体制があります。

実際に相談に対応するごとに相談内容の振り返りを先輩と行い、何ができて何が足りなかったか、今後どうすればよいのかを考え、その結果を次の相談に活かしていくこの期間は成長が著しいです。1回1回の相談ごとに成長していると実感できるくらいです。

3年経てばひとりで店舗の運営の多くをできる状態になり、この頃に主任への昇格となることが多いです。その後は、個人によりタイミングが違いますが、副店長、店長などへの道が開けます。

漢方ファンの女性は多いと思いますが?

そう思います。弊社でも7~8割が女性相談員です。そういう意味で女性が大きく活躍できる職場です。

店長ともなると個々のマネジメント能力などを評価されますので、性別の垣根はありません。

漢方相談員として、特に気を付けなければならないことはありますか?

取り扱い品は明確に健康食品と医薬品に分類されています。
お客様によっては健康食品と漢方薬の違いがわかりにくいようですが、単に効能効果のみではなく、なぜこの漢方薬がおすすめなのかご理解いただけるようにお客様に合わせて説明しています。健康食品についてはお客様に合わせて生活習慣(特に食生活)のサポートになるものをご紹介しています。

常に医薬品や商品、接客面の情報、研修の内容なども全店で共有されています。日々新しい情報を取り入れ、アップデートし続けることが重要です。情報共有がなされ教育もきちんとされるので弊社の従業員は会社に守られ、しっかりフォローされていると実感できると思いますよ(笑)。とても安心して働けます。

求職者の方へ

健康知識や漢方の考え方、西洋薬との兼ね合いなど、知識として知っておくことはまわりまわって仕事の結果に繋がっていきます。

知識は自信となり、経験となって、相談の中でお客様との関係性にプラスに現れます。
学び続ける努力を惜しまない人は、相談員として働くモチベーションをいつまでも高く保て、結果もついてくるでしょう。

弊社にノルマはありませんが、個人目標はあります。目標クリアに対するモチベーションと、お客様を健康にしたいという気持ち。その両輪で動くことが大事かなと思います。数字だけではだめなのです。

漢方相談の仕事は、これからオンライン化やデジタル化が進んでも、人間関係構築の点で変わらなく重要です。お客様の多くが自分の健康問題を専門家に相談したいという気持ちをもっているからです。

今の接客ではもの足りない、もっとお客様の健康に対して役に立ちたいという方は、ぜひ選択肢のひとつとして漢方相談員の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

研修は先に述べたようにとても充実していますから、入社前に特別な漢方知識や接客知識は必要ありませんよ!

★薬日本堂株式会社の求人情報はこちら!

薬日本堂株式会社の求人情報

arrow_drop_up