登録販売者.com

ログイン 無料登録

おすすめ求人ご紹介

株式会社サンドラッグ「すべてはお客様のためにある」

【インタビュー:人事部・採用課 中西祐介さん】

Q. まずは求職者も気になる面接のポイントについてお伺いします。

A.(中西さん、以下略)すでに登録販売者の資格を持っていらっしゃる方には、その資格を使ってどうお客様に貢献したいか、どのような接客をしたいか、資格を使ってどのように役に立ちたいと思っているかなどを聞かせていただきたいと考えています。

今、登録販売者の資格は誰でも受験することができますが、医薬品を販売して、人の健康に関わる仕事のひとつでもありますから、はっきりとした志を持っていらっしゃる方のお話を伺っていると「この方なら頑張っていただけそうかな」と感じます。

なぜ登録販売者の資格を取ろうと思ったのか、その理由も人それぞれ違うと思います。どのような思いで資格を取られて、どう働きたいか、数多いドラッグストアの中でなぜサンドラッグで働きたいと思っていただいたのか。

アピールしていただきたいポイントはそのようなところです。

サンドラッグは管理者要件を満たしていない登録販売者でも採用していますので、入社後にどれだけご本人が頑張ってくれるかというところを重視します。

Q. 具体的に、どんな方を求めていますか?

A.今までの経歴よりも、ご本人の熱意であったり、努力であったりを重視しています。

「今まではこんなふうに頑張ってきたから、サンドラッグでもこんなふうに頑張りたい」のような、今までの経験や入社後の目標など聞かせてもらえると嬉しいですね。

どのような経験、行動をしてきたかで、その方のお人柄も見えてくると思いますので、そういうところはしっかりアピールしてもらったほうが良い結果につながるのではないかと思います(笑)。

ドラッグストアでは、医薬品のカウンセリングだけがお仕事ではありません。店舗全体の運営の中で医薬品、健康食品、化粧品、日用雑貨、食品などの『商品管理』、『従業員の管理』、『売上の管理』など多岐にわたります。薬屋だから薬だけ売っていればいいというお店ではなく、幅広い品揃えでお客様の多様なニーズに合った商品を提供する事が求められています。カウンセリングは医薬品だけでなく、お店で取り扱っているさまざまな商品の説明もできるようになることが、お客様が「安心」して商品を購入することができ、「信頼」され、「便利」なお店としてまた来店していただける大事な部分ではないかと思います。

ご自分のやりがいにも直結することですから、ぜひ自分のファンを作っていくつもりで仕事をしていただくといいと思います。「サンドラッグに行こう」とお客様に思っていただくのももちろんですが、「あの人がいるから、サンドラッグに行っちゃうのよね」「またあの人に聞きに行こう」って思ってもらえるような人を目指していただきたいと思います。

Q. サンドラッグは全国展開ですが、転居転勤はありますか?

A.それに関しては入社時に選べるようになっていて、

1、地域限定コースの「狭域エリア社員」自宅から通勤片道1時間半圏内の店舗配属、店舗異動(転居なし)

2、エリア限定コースの「広域エリア社員」限定されたエリア内での店舗配属、店舗異動あり(転居あり)

3、全国転勤コースの「ナショナル社員」という、3つのコースがあります。

手当やフォローは、各個人の環境、ご家族状況などにより個別に細かく対応しますので、気になる方は遠慮なく面接の時にでもお聞きいただけたらと思います。

Q. 社風、雰囲気、サンドラッグの特長などはいかがですか?

A.「うちの会社、雰囲気良いですよ」ってだいたい皆さん言いますよね?(笑)
ただ、実際正直に言うと、雰囲気などはお店によっても結構違います。郊外型、都心型、その地域のお客様の年齢層、街そのものの環境にもよりますから、お店ごとに雰囲気は変わって当然だと考えています。

社員もそうです。入社したての頃は、やはり仕事や環境などでわからないことも多いでしょうから、どちらかというと受動的に、まずはなんでも受け入れてみる。でも店長クラスになったら、今度は少しずつ積極的になっていかないといけないところも出てくる。

感じる雰囲気や積極性、革新性などは、時間が経って個人が積んだキャリア、職種などによって少しずつ変わっていくのではないかなと思っています。その人次第ですよね。

会社としては、大きく考えると「堅実」だと思います。

「いつも新しいことをやっています!」というアピールをするような、外から見てもわかりやすい部分は少ないかもしれませんが、「すべてはお客様のためにある」という顧客重視の哲学を一番大事にしています。

たとえば、サンドラッグのレジシステムには、他社のドラッグストアにはない仕組みである安全に医薬品販売するための「レジアラートシステム」があります。

これは、第一類の医薬品購入時や、誤った服用で重篤な健康被害を引き起こす可能性のある医薬品が大量にスキャンされたような時には、レジ画面にアラートが表示され薬剤師のカウンセリング確認や購入数量の制限をするというものです。

サンドラッグの根幹として、「安全に医薬品を提供したい」「安全に医薬品を買って飲んでいただきたい」という思いがあるので、そのようなシステムもイチから作って導入しました。誰がレジで対応しても「安心・安全」に医薬品が購入できる仕組みを作ることで、お客様の「安心・安全」だけでなく、従業員も「安心・安全」に働ける環境になっているのではないかと思います。

そのほかにも売り場には拡大鏡をご用意したり、店舗内の人の動線や、季節商品の配置なども、「すべてはお客様のためにある」という理念に沿ったものとなっています。

また、商品発注はすべて自動発注となっており、商品はいったん自社物流センターに集められてから検品まで済ませて店舗に運ばれます。このシステムも、「お客様のために欠品を出さない」という考えからスタートしたものですが、その結果、検品や発注などの単純作業に時間を取られることがなくなり、その分接客やカウンセリング、他の業務に時間が割けるようになりました。

お客様に対しては高い専門性で情報提供ができ、働く側としては効率の良い店舗オペレーションができるという大きな2つのメリットが生まれました。

Q. 1店舗2ライン制とはなんですか?

A.これはサンドラッグ独自のシステムです。店舗で働くスタッフを、OTCカウンセリングスタッフと店舗運営スタッフのふたつに分け、専門業務を分担する「1店舗2ライン制」を取り入れています。効果を求められる薬剤師の仕事と、効率を求められる店舗運営の仕事が、分担することによってより高いレベルで効率よくできるという考えでスタートしました。

お店の運営は薬剤師でなくともできます。薬剤師には勉強してきた薬の知識を活かしてもらい、一般の販売に関わる人材は、薬のことを勉強しながらお店の運営に関わっていきます。そうすれば、新卒の新入社員でもいずれ登録販売者の資格も取れ、薬の販売もでき、お店の運営も身につくというような「効率」と「効果」を両立できるような役割分担ですね。

サンドラッグでは、基本的に丸2年の店舗経験のあと、3年目には店長をやっていただくというキャリアアップのカリキュラムがあります。それをお話しすると、丸2年で店長は早いのではないかと思われる方がほとんどですね(笑)。

しかし、2ライン制や自動発注システムなど、そういった仕組みづくりがしっかりあるから、3年目でも店長できるようになっているとお伝えすると、皆さん納得してくれます。

もちろん、3年目になったら全員一斉に「ハイどうぞ店長です!」というわけではありません。その方の能力によるところもありますから、人によってはもっと早く店長になることもありますよ。

サンドラッグの店長は全員登録販売者です。登録販売者でないと店長にはなれません。それだけキャリアアップにおいても大切な資格ということです。

求職者の方へ

サンドラッグの良いところ悪いところ全部見て「ここで働きたい」と思っていただけたらいいなと思います。どんな企業も、良いところ悪いところは絶対あると思いますし、サンドラッグの店舗も全店が完璧ではありません。改善の余地はまだまだあると思います。

幸い、サンドラッグは全国に店舗がありますから、リアルにお店を見てもらって、その感想を面接の時に話していただくのもいいですね(笑)。たとえばネガティブな感想でも、それをどういうふうに伝えようかと考えていただけるといいと思います。それが、その方のコミュニケーション能力や接客センスにも繋がりますから。

「なるほどね、じゃあ入社して一緒に頑張ってくださいよ」と言えるようなご指摘は、どんどんしていただきたいと思っています。

ただ、パッと見だけで判断はしてほしくない。たまたま見に行ったお店の、その時の店員さんが、なにかの事情があって暗く見えたということもあるでしょ?(笑) それだけで企業のすべてを判断してしまうのは少し違うかなと思います。

ぜひご自分の視点で「ここで働くならどうなるだろう? どうするだろう…?」と、見ていただけたらと思います。

★株式会社サンドラッグの求人情報はこちら!

arrow_drop_up