義務化研修のための勉強法義務化研修 対策問題集


  1. TOP
  2. 義務化研修のための勉強法
  3. 義務化研修 対策問題集

義務化研修 対策問題集

厚生労働省から義務化された外部継続研修の対策問題集です。予習・復習にお役立て下さい。

義務化研修 対策問題集

平成24年3月26日厚生労働省発行の「登録販売者に対する研修の実施について」で示された必須カリキュラムを反映した、義務化研修対策問題集です。
受験問題と共通の5項目だけでなく、新たに必須項目となった2つの項目ももちろん加え、現役の薬剤師の方による解説もボリュームアップ!
「社外研修での修了証が取れない?!」と、いざとなって慌てることのないよう、予習・復習にお役立てくださいね!

義務化研修 対策問題集(無料)のご利用には会員登録が必要です。
初めてご利用の方は、新規登録(無料)にお進みください。

ご登録いただきましたメールアドレスとパスワードでログインしてください。

※パスワードをお忘れの方はこちら

新規登録はこちら

登録販売者の義務化研修とは?


厚生労働省より義務化が通達された、従事登録証を保健所に届け出ている登録販売者(派遣含む)を対象とする継続研修のことです。
教育の柱は2つ。「社内教育」と「外部委託研修」です。従事登録証を保健所に届け出ている登録販売者は、都道府県別に届出を出した教育機関による年間12時間以上の研修を受講しなければならないとされています。

そのうちの「外部委託研修」は、外部教育機関の発行する修了証をもって受講完了となりますので、12時間の外部研修の終了時点で万が一及第点を取れず、修了証を受けられなかった場合は、後々の勤務状況に暗黙の影響が出てくる可能性があります。
ただ漫然と義務化研修に参加しているだけでなく、しっかりとその内容を理解し、研修の終了時には修了証を受け取らなければならないということです。
ちなみに、12時間のうち6時間までは通信教育での代用も認められているのですが、この際「修了は通信教育・集合教育それぞれで、教育団体が定めた合格点を満たさないと修了証を発行できない」とされています。
また、この義務化研修は、1年のみで終わるものではなく、毎年行われます。

このように義務化された研修の目的は、もちろん働く皆さんの登録販売者としての資質向上です。
当サイトでは、受験で資格取得を目指す未来の登録販売者のみでなく、実際に医薬品販売の現場で働く登録販売者のフォローアップとなるようにと、この「義務化研修 対策問題集」をご用意いたしました。

研修を受けられる皆さんの、学習補助の一助となれば幸いです。

義務化研修 対策問題集(無料)のご利用には会員登録が必要です。
初めてご利用の方は、新規登録(無料)にお進みください。

このページの上部へ

義務化研修対策問題集

マイページ

メールアドレス

パスワード

※パスワードをお忘れの方はこちら

会員になろう!

会員登録をした皆様に、登録販売者最新情報を配信しています。
是非ご登録ください!
>> メルマガバックナンバー

登録

登録販売者、採用の現場から

ドラッグストアや企業の担当者様

WEB問題集

登録販売者運営者ブログ

ドラッグストア業界コラム

登録販売者協会

登録販売者.comモバイルサイト

携帯サイトQRコード

求人情報やWEB問題集を配信中。
是非ご利用ください!


携帯にURLを送る>>