仕事で役立つ実務知識…胃腸薬


  1. TOP
  2. 仕事で役立つ実務知識
  3. 胃腸薬

セルフメディケーション

登録販売者の資格を取った後もプロの道を極めよう!現場でのご活躍にお役立て下さい!

胃腸薬

  • ビタミン剤
  • 漢方薬
  • 風邪薬
  • 解熱鎮痛薬
  • 胃腸薬
  • 塗り薬
  • 貼り薬
  • 整腸薬・下痢止め
  • 目薬
  • 花粉症薬

50歳前後の女性が来店されました。『明日から外国旅行に行くのですが、食べ物があわなかったりした時に服用するとしたら、この胃薬でいいですか?』と健胃生薬、鎮痛成分、制酸成分、胃粘膜保護成分、消化酵素、鎮痛成分などが配合された胃腸薬をお持ちになりました。

一般用胃腸薬は胃の痛み、胸やけ、胃もたれ等を改善する目的で、制酸剤、健胃剤、消化剤、粘膜保護剤、鎮痛鎮頸剤、H2受容体拮抗剤や漢方製剤などが様々な症状に対応できるよう配合されています。逆に症状を限定しない場合が多く、胃の機能に相反する成分を配合している製剤もあります。

OTC薬の適応となる症状と使用薬剤について考えてみましょう。

①胃酸分泌亢進による症状・(胃痛、胸やけ、逆流)
胃酸分泌亢進による症状が中心の時、まず酸を中和する制酸剤(炭酸水素ナトリウム、水酸化アルミニウムゲル等)が用いられます。空腹時の胃痛や胸やけでは粘膜修復保護成分(アルジオキサ、メチルメチオニンスルホニウムクロライド等)が配合されたものを用います。
②飲み過ぎ、食べ過ぎによる症状
アルコールの過剰摂取は胃粘膜を障害し胃酸分泌の亢進、消化管運動の低下を招き、二日酔いとしてむかつきや吐き気、胃もたれなどを引き起こします。そのため飲み過ぎによる胃症状には胃酸を中和する制酸剤と消化管運動を助ける健胃剤(オウバク、ゲンチアナ、ウイキョウ等)や胃膜修復剤(スクラルファート、アルジオキサ、アズレンスルホン酸ナトリウム等)を用います。
③消化管運動不全による胃のもたれ、腹部膨満感
消化管運動不全による胃もたれ、腹部膨満感、食欲不振には胃腸運動調律剤のマレイン酸トリメプチンを用います。脂肪分解を促すリパーゼは脂肪分の多い食事を摂る機会が多い人に向いています。げっぷなどの胃部・腹部膨満感で食物が滞留したとき胃粘膜保護成分(スクラルファート等)や利胆成分(ウルソデヒドロオキシコール酸等)に加え、消泡成分(ジメチルポリシロキサン、シロキサリース等)を用いることで食物が停滞した胃の痛みを改善することができます。
④食後の胃痛
食後の心窩部の差し込む痛みは胃痙攣によることが多いため、消化管平滑筋の痙攣を抑える抗コリン剤(臭化ブチルスコポラミン等)や鎮痙剤(塩酸パパベリン等)の使用がお勧めです。

最後に使用する人がどの部位に痛みを感じるかで、場合によってはOTC薬が適切ではない場合もあります。

以下に痛みの部位により考えられる疾患を挙げてみました。コミュニケーションの参考になればと思います。

胃腸薬

このページの上部へ

義務化研修対策問題集

マイページ

メールアドレス

パスワード

※パスワードをお忘れの方はこちら

会員になろう!

会員登録をした皆様に、登録販売者最新情報を配信しています。
是非ご登録ください!
>> メルマガバックナンバー

登録

登録販売者、採用の現場から

ドラッグストアや企業の担当者様

WEB問題集

登録販売者運営者ブログ

ドラッグストア業界コラム

登録販売者協会

登録販売者.comモバイルサイト

携帯サイトQRコード

求人情報やWEB問題集を配信中。
是非ご利用ください!


携帯にURLを送る>>