登録販売者を募集しているマックスバリュ西日本株式会社について


  1. 登録販売者.com
  2. マックスバリュ西日本株式会社

マックスバリュ西日本株式会社マックスバリュ西日本株式会社
お客さまを原点に「存在価値のあるスーパーマーケットの確立」を目指す!

会社データ

事業内容食料品及び日用雑貨用品の小売販売

事業所広島県広島市南区段原南一丁目3‐52 広島段原ショッピングセンター5階

設立1982年3月代表取締役社長加栗 彰男

従業員数1662名(パートアルバイト含まず)(2014年5月現在)

資本金16億7千万円(2014年2月28日現在)

売上高単独:258,249百万円(2013年2月28日現在)

登録販売者の資格を活かした、やりがいある医薬品販売のお仕事をきっかけに、ぜひマックスバリュ西日本で活躍してください!

マックスバリュ

【創業30周年を超えて】
私たちマックスバリュ西日本は、西日本に176店舗を展開し、全国の「マックスバリュ」各社の中でも一番の店舗数を有する、イオンのスーパーマーケット事業のリーディング企業です。
2012年には創業30周年を迎え、医薬品販売も合わせて、これからもますますお客さまの「便利」「笑顔」を考えたお店づくりに取り組んでまいります。

【スーパーと医薬品】
2009年の改正薬事法施行により登録販売者という新しい職種が誕生し、今まで医薬品販売を直接手掛けることはなかった小売流通業界でも、その重要性が日々高まっています。
私たちマックスバリュ西日本も、全店舗での医薬品販売開始を目指して、宮西店を皮切りに医薬品を扱う店舗を続々と展開している最中です。
企業を取り巻く環境は変化しており、スーパーマーケット自体変わっていかなければならない状況です。
その変化の中で、医薬品販売が占める割合は、けして小さくありません。

もちろん、ドラッグストアとは違い、スーパーマーケット全体で考えた時に、扱う商品のメインは医薬品ではありませんので、登録販売者の方にもその他の業務にも関わっていただくこともあります。
ですが、登録販売者として、医薬品販売の専門家としての活躍の場は、日々広がっていくことは確実です。
むしろ「登録販売者資格」を、マックスバリュ西日本というイオングループのスーパーマーケット事業の中で仕事をしていくための大きな足掛かりとしていただき、ドラッグ部門だけに捕らわれず、将来的にはもっといろんな可能性を目指していただければと思います。

今回の募集は正社員とパートの両方で行いますが、正社員として入社してきていただける方には、ぜひ将来の経営幹部候補としてキャリアアップを目指していただきたいと考えています。
まずは店長を目指していただき、そして本社スタッフ、経営幹部と、楽しくやりがいを持ちながら働いていただける環境をご用意しております。
また、現在当社は海外事業の起ち上げも進めております。つまり、海外にも羽ばたいていける人材が、将来的に必要になってくるのです。

【具体的な登録販売者のお仕事】
やはり一番のお仕事は接客ですので、明るく機敏にお客さまに対応していくことを心掛けていただきたいと思います。
登録販売者には、各店舗に核となる社員がいて、経験の浅い方でもしっかりと入社後に指導を受けることができます。
小売業に大切なことは、よろこんでお客さまのために行動できる「接客が好き」という気持ち。
それが一番大切なので、エントリー条件に流通業界での経験などは必要ありません。
指導・教育もしっかりと行いますし、受け入れ体制も整っています。
次々と医薬品取扱い店舗も増やし、取扱品目・売場とも拡大していますので、店舗での医薬品新規取り扱いから関わることができる仕事は、登録販売者の資格を活かしたものの中でも特にやりがいを感じていただけると思います。

【正社員の転勤・異動、パートの勤務について】
正社員の場合、マックスバリュ西日本営業エリア内での転居転勤があります。
転居の際には社宅制度などもしっかりとしていますので安心です。

また、パート勤務をご希望の方は、ご自宅近くのマックスバリュやザ・ビッグ店舗で、頼れる正社員と一緒に安心して働いていただけます。

【マックスバリュ西日本の医薬品販売】
これから、全店舗に医薬品売場を開設していくにともない、登録販売者の雇用も拡大してまいります。
店舗間の格差を作らないためにも、将来的には登録販売者独自の研修、会議、ミーティングなども取り入れていかなければなりません。
1店舗の登録販売者から、本社勤務になり各店舗のトレーナーとして活躍している人材、スーパーバイザーとなった人材なども出てきていますので、これから新しく当社に加わってくださる人材にもどんどん後に続いていただきたいと思います。

マックスバリュ西日本は「存在価値のあるスーパーマーケットの確立」を目指して、お客さまからご支持いただける店舗作りのために日々努力しています。
あなたの志や働く意欲、そしてお客さまへの気持ちを、マックスバリュ西日本で活かしてください。

社員に聞く

社員写真

大矢 隆二
2012年6月入社
登録販売者
スーパーバイザー ドラッグ担当

常に考えながら現場の人と関わりあう中で、日々僕自身も学んでいます。

写真

【社員紹介】
積極性、フットワークの軽さ、元気を買われて、入社後半年も経たずにスーパーバイザーに大抜擢。
現在、広島県・岡山県・山口県内の7店舗を担当し、方言もやり方もそれぞれ違う中で活躍の場を広げています。




○  現場でのやりがい
入社して5か月ほどでスーパーバイザーに抜擢していただいたんですが、最初聞いた時は自分でも「冗談でしょ?」と思いました。
新人が一足飛びにスーパーバイザーを務めるにはやはり高い壁もありましたが、それは自分自身が乗り越えていかないといけないのだと思い、一生懸命やりました。
もちろん、上司やバイヤーも僕を支えてくれましたし、僕よりももっとベテランでスキルもあるスタッフもフォローしてくれました。いろんな方にフォローしてもらいながら、みなさんに自分が考えたことを発信し、行動しているわけです。
こういうのを変えて行きたい、こういう商品を扱いたいと提案すると、非常に短いスパンで応えてもらうことも可能だし、僕が起こしたアクションに対して、周りのレスポンスがとても速いんです。
スーパーマーケットでの医薬品販売には、まだ「こうすれば成功」というセオリーがないので、もちろん出来上がった道を進むように簡単にはいきませんが、それでもスーパーバイザーにならなければよかったとは一度も思いませんでした。やっていてよかったなと思います。

○  思い出に残る経験
前職はドラッグストア勤務でした。ドラッグストアは店舗規模が小さいですから、もちろん働くスタッフの人数も少ない。必然的に仕事に関しても一人で悩むことが多かったんです。
マックスバリュ西日本に転職して違いを一番感じたのは、従業員が多いことと、それぞれの交流が多いことでした。必ず誰かに相談できる、助けてもらえる。そのおかげで、今は一人で悩むようなことはなくなりました。
人との交流が活発な職場で、繋がりも強い。それが自分の仕事のハリにもなっています。

○  今の職場で自身はどのように成長したか
現在、ドラッグ担当のスーパーバイザーとして、広島県と岡山県と山口県で7店舗を担当しています。各地域ごとに方言も違えばやり方も違う中で、人との接し方、コミュニケーションそのものに細かく気を配るようになりました。
言葉とは難しいもので、使い方ひとつで伝わり方や相手に与える印象が全然違ってしまいます。
人にはどう言えば思いが伝わるのか、どう言ってはいけないのか、どんなふうに話を聞いてあげればいいのか、常に考えながら現場の人と関わりあう中で、日々僕自身も学んでいます。
人との間に壁を作らないということは、特に意識するようになりました。人になにかを伝えて動いてもらおうと思うと、上っ面な行動や言葉では動いてくれません。今は「上手く仕事するのではなく、熱く仕事する」ことに意識を置いてやっています。

○  登録販売者として、スーパーバイザーとして、責任感と目指すところ
登録販売者は知識が必要な仕事だと思います。従業員の知識を養うために、メーカーの勉強会なども必要に応じて要請します。医薬品の販売をする上で、お客さまの質問には答えられる、もしくは自分で解らない時も確認して確実に対応できるようにならないといけないですから。
また、スーパーマーケットは人ありきの仕事でもあると思います。なにをするにも結局は「人」です。
僕はよく「徹底力」という言葉を使うのですが、当たり前のことを徹底して行動する、徹底的に愚直に行動することが大事だと思っています。あとあと間違うこともあるかもしれませんが、徹底的に突きつめてやっていれば、それは愚かなことではないと思います。

店舗の医薬品売り場では、ひとつひとつのカテゴリーの配置を、お客さまが買いやすくなるようにと考えます。例えば今の時期、お客さまにはこのような商品の需要があるのではと置き方を考えたりして、お客さまが手に取りやすくなるように工夫しています。
規模も違えば売り場面積も違いますから、ドラッグストアとやり方は当然変わってきます。
商品の並べ方も、例えセオリー通りでなくても「本当はお客さまはこれを見たいんじゃないかな」と思えるものがあれば、地域のお客さまに合わせてチョイスします。
いい商品をお客さまにお薦めしやすいように、地域のお客さまのご要望をすくい上げていけるようにしていくことが従業員みんなの目標ですから、バイヤーとスーパーバイザー、商品部の連携は非常によく取れています。
少しずつ、お客さまのご要望に近づける売り場環境を作り上げていけているのではないかと思います。

最近は、ドラッグストアも食品販売に力を入れてきていますので、スーパーマーケットと競合することが多くなってきています。
しかし、食品・生活用品の取り扱いというのなら、すでにスーパーマーケットの核となっている部分ですので、それに加えてお客さまの生活の補足すべきところを補っていくことが大事になってきます。
マックスバリュに来ると、食品も買える、薬も買えるというふうに思っていただくのが理想です。スーパーマーケットで医薬品を買っていただくということが、もっと定着するようにしていきたいと考えています。

○  求職者の方へ
正社員での就業となると、転勤する機会もやはりあります。ただそれは、自分の仕事の幅を広げる機会でもあると思っています。地域にこだわらず、自分の仕事に制限をかけないことで、いろいろなものを知ることができます。
例えば岡山県で試行錯誤しながらやってみた成功例があれば、広島県でもまた別の接客に活かしていけるといったようなことがあり、接客に深みが出てきます。どの地域の人にも対応ができるようになり、自分自身がより成長できます。
スーパーマーケットの中での医薬品部門は、まだまだ確立される途中にありますので、これから自分たちで築き上げていくことができる職場だと思います。特にスーパーバイザーとしての仕事は、ただ決められたことをすればいいわけではありません。
決められたことばかりでは満足できない方、自分の力を試したいという熱い気持ちのある方には、お薦めしたい会社です。
それだけを言うと大変だと思われるかもしれませんが、その中でも人との繋がりがしっかりしており、相談できる人も支えてくれる人も周りにたくさんいますので、自分の器を広げたい方にはぜひチャレンジしてほしいですね。

写真

段原店内

写真

店舗登録販売者・小山さんと

求人情報

対象者 登録販売者の資格をお持ちの方
給与 【正社員】
当社規定による。

◆新卒給与例
・高卒:161,000円~
・短大・専門学校卒:171,500円~
・四大卒:192,000円~
・院卒:200,000円~

★上記はあくまで新卒例です。中途採用の方は前職での経験を考慮します。

※諸手当あり(子女教育、通勤、時間外)
※昇給年1回、賞与年2回(7月、12月)

◆年収例
・年収350万円~(30歳・医薬品売り場担当)
・年収420万円~(35歳・医薬品売り場担当)

【パート】
時間給制(店舗により異なります)
※基本時間給は時間帯により加給あり。
※各店舗の基本時間給より、登録販売者の方には+100円の時間給加算があり。
※フレックスチーフ手当・スマイルリーダー手当あり。

待遇・福利厚生

【正社員】
<1>イオン健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険 など
<2>福利厚生
社宅制度、財形年金、退職金、社員持株会、総合共済、保養所、会員制リゾート施設(国内外)、買物割引 など

【パート】
<1>通勤手当あり
<2>従業員5%買物割引、制服貸与
<3>産休・育児休暇制度

応募にあたって 私たちが求めているのは、将来企業の中心で幹部候補としてステップアップしていく意欲のある方、チャレンジ精神の旺盛な方です。
登録販売者としての医薬品販売だけに留まらず、マックスバリュ西日本という企業の中で、いろんなことに挑戦していただきたいと思います。
一から小売業界に飛び込んでこられる方も歓迎します。
ぜひ、あなたの志を実現してください。その土壌が、マックスバリュ西日本にはあります。

義務化研修対策問題集

マイページ

メールアドレス

パスワード

※パスワードをお忘れの方はこちら

会員になろう!

会員登録をした皆様に、登録販売者最新情報を配信しています。
是非ご登録ください!
>> メルマガバックナンバー

登録

登録販売者、採用の現場から

ドラッグストアや企業の担当者様

WEB問題集

登録販売者運営者ブログ

ドラッグストア業界コラム

登録販売者協会

登録販売者.comモバイルサイト

携帯サイトQRコード

求人情報やWEB問題集を配信中。
是非ご利用ください!


携帯にURLを送る>>